庭のアジサイ

庭のアジサイの画像を使って新しいシステムになじむべく努力しています。それにしても慣れていたシステムから移るのは、しんどい!! カシワバアジサイ・ハーモニー 山アジサイ・藍姫 セイヨウアジサイ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ブログ開設8周年

6月末にウェブリブログ事務局から 祝ブログ開設8周年!のメールが届いた。 アクセス数は40101件とのこと。  大幅に「リニューアル」されたブログで 非常に使いにくく多数のかたが改悪と訴えて いる。困ったものだ。NECに肩いれしてきたもの としても残念である。徐々に改善してくれるもの と信じておきたい。  そん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稀有なアスリート

 このところ大リーグで大谷翔平選手の活躍が 素晴らしい!!最近、サイクルヒットを達成した と話題沸騰。確かに凄い選手が現れたものだ。  彼は、菊池雄星選手に憧れて花巻東高校の 硬式野球部に入部したという。 花巻は、私の先祖の墓もあり時々訪れていた。 その時、友人にこの高校を案内してもらった ことがある。予想以上に立派な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨と強風後の庭と禅語

 久しぶりに雨と強風が二日続いた。 落葉やゴミが散乱しているが、庭の 植物は雨の恩恵と強風の被害とに それなりにつきあっているよう。 ワールドニュースによればフランスでは 雷雨とピンポン玉以上の大粒の雹で車の 窓ガラスが割れたり葡萄畑や農業の被害 が甚大なよう。  南アメリカでは、アルゼンチン、パラグアイ、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本因坊戦第3局観戦

 6/2、小樽の小旅行を終え札幌に 帰るころからノドの痛みが生じ身体が 火照ってきた。倦怠感あるも私の 運転で札樽バイパスを走った。  最近の高齢者の運転問題がメデアで ひっきりなしに報道あり。流石に慎重運転 に徹して無事に帰宅できた。  その後5日間は、体調悪くブログはやる気なし。 やっと少し明かりが見えてきた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サクラソウ美術館

 新緑をめで次々と咲く花々を追いかけて いると、もう初夏の装いだ。北国の春は あっという間に過ぎてしまう。もっとゆっくり 楽しませてもらいたいのだが・・・  プリムラ(サクラソウ科)は、越冬し毎年 手をかけなくても春の庭を彩ってくれる。 「怠け者」にとって有り難い花だ。  そんなプリムラをサクラソウ美術館 の名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴをついばむ野鳥たち

 ゴールデンウイークも終わりとなったが、 幸い天気にめぐまれ満開の桜の下で バーベキューパーテーを楽しむことができ、 小鳥のさえずりの伴奏にも癒された。感謝!感謝!  窓を通して観察してきたバードテーブルを以前に アップしているので、その続きとしてご覧ください。 https://ksneuron.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

令和元年-庭の桜満開・紅梅5分咲き

 令和元年、初日。雨あがりの庭に ソメイヨシノが満開となり紅梅も5分咲き。 やっと5年越しに花芽をつけたハクモクレン も咲き始めた。  列島が平成から令和移行に 沸き返っている中で、タイミングよく花々が 祝ってくれているようでうれしかった。  令和が平和で災害がない時代となる ようこころから願っている。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の桜は一分咲き

   また雪のちらつく寒さが やってきた。どうやら最後の 冷え込みのよう。そう願いたい  庭のソメイヨシノは、家屋に 近い部分が暖かいのかその 近くからほころび始めた。  庭をめぐるとかなりの寒さだが、 長く咲いてくれなかったハクモクレン の花芽がやっとついてふくらみ はじめている。開花が楽しみだ。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっと春のいぶき

 三寒四温が続いていたが、やっと 暖かくなり、庭の雪もほぼ消失に近い‼  ベランダの片付けや鉢物の移動を開始。 合間に枯れ葉から顔をだしてきた植物 を撮ってみた。  早朝に撮ることができずまばゆい春光の中 でのもので自然な色がうまくでず不本意ですが、 北国の春の息吹を感じていただければ幸いです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花展

 昨日も雪が降り寒く北国の春は、一進一退。 気がめいりがちな時に百合が原緑のセンターで 春の花展をはじめたとのニュースがあった。 早速見学に行ってきた。  庭でみかけない花々があったので記憶に残しておく。 といっても直ぐに忘却の彼方へ飛んでいくのだが (^^ゞ     ピレネーフウロ’ビルウォーリス’ (フウロソウ科フウ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近の囲碁界

 また冬に逆戻り。一面の銀世界に なってしまった。本州では桜開花情報 が報道されているのに・・・ でも例年より早い雪解けが予想されて いるので我慢、我慢。  外は白一色で寒かったので趣味の囲碁で 最近、特に印象に残ったものをreview してみた。  まずAIの影響でダイレクト三々や、大ゲイマシマリ 、二間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大鉢作りのシンビジウム

 雪解けもかなり進み北国の春も、 もうすぐそこまで来ている。  前回、百合が原緑のセンター中温室のアザレア展の 華やかさに目をとられがちであった。しかし片隅に 大株のシンビジウムが2鉢、所狭しと咲いており 「私を見落とさないで!」と主張しているよう。  シンビジウム・トラシアナムとシンビジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーデンベルギアの花

 かなり道路の雪解けが進みアスファルトが 顔をだしてきた。この調子でいけば、3月中に 雪が消えるかもしれないとあまい期待を 抱いている。ただ庭の雪は、まだかなりあり どうなることか・・・?期待半分だが、北国の 春が待ちどおしい。  百合が原公園緑のセンターでアザレア展が 開かれている。白のモノトーンに慣れた目に、 鮮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

禅語・言中有響

 今冬の雪は、例年より早く消える 可能性ありとの天気予報。異常気候の 中だが、期待したい。北国の春を心待ちに!  ところで友人が、俳句の句作に励んでおり 少しは、その何たるかを知ろうと思いNHKの 俳句 題「土筆」を視聴してみた。俳句の 表現の奥に潜む作家の思い、イメージがどう 出ているかが重要と話されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーオブジェコンテスト・ツドーム会場

 強い寒波がつづいている。 それでも毎年鑑賞している スノーオブジェコンテストを 見て来たのでアップしておく。 https://hokkaidos.net/yukimatsuri-tsudome/  残念ながら母校の雪像は みなかったが、高校生の思い の一端を感じることができた。  北海道高等学校文化連盟の …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道端の雪山と深い轍の脅威

 昨日の朝、出勤前は5cmほどの積雪で 軽い雪かきで済み問題なかったのだが・・・・・  出勤時に向かいのマンション駐車場に ブルが入りその除雪の雪があふれだし、 いつもの安全な広道に出る道が半分ほど 塞がれてしまった。急いでいたので反対の あまり除雪されてない小道を進んだ。  T字路手前の道路脇に、こんもりと雪が …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭へ飛来する小鳥・その後

 猛吹雪と零下12度を経験した翌々日、 晴れたので庭木と生垣の雪下ろしとバードテーブルの 雪払いをした。カンジキをはいての大仕事を やり終えて入室。休息がてらバードテーブルを観察。  すると酷寒に耐えた2羽のシジュウカラが前より 頻回に訪れてきた。雀の群れに遠慮がちだったのだが・・・ タイミングをとらえて写真を撮ってみた…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

バードテーブルを窓から観察開始

 風邪がスッキリとぬけず腰が治ったのに まだ復調できずに低迷している。不摂生か、 老化による体力低下なのか・・・ なんとか元にもどろうとあがいている。  ところで昨年末に家族の希望があり、 窓から見える距離にバードテーブルを 設置した。まだ、ほとんどがスズメの群れ だが、たまにシジュウカラが遠慮がちに 飛んで来る。少…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年-私の年頭の目標

 明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。  長かった腰痛との闘いも年末から やっと快方に向かいお正月には、ほぼ 気にならなくなった。ほっとしている。  亥の年だが、猪突猛進はせず マイペースでゆっくりと身体を労りながら 好きな園芸、囲碁とゴルフを楽しみたい。 また好奇心を失わないよう周囲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年のブログ納め

 もう今年も残りわずか・・・ 腰痛が再燃してしばらく安静?にしていた。  今年を省みてあまり満足できたことはなかった。 周囲にも暗いニュースが多く心から喜べることは ほとんど見当たらず、うつ気分。  それでもプラス思考を堅持すべく 百合が原緑のセンターで月始めに撮っておいた 好みの花々を見ながら本年のブログ納めにし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒暖差と体力・抵抗力

 最近、寒暖差が目立つ気象が続き 寒暖差疲労という言葉を耳にすることが あり気になっている。  摂氏7-8度以上の差に平熱維持のため、 自律神経の調整にエネルギーが消費され 交感・副交感神経のバランスが保てず 疲労感、倦怠感、手足のしびれ、肩こり、 頭痛など、自立神経失調症状が出てくる と注意を呼び掛けている。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食物繊維と腸内細菌の関係

 12月になったが、まだ根雪にならず、路面は一部凍結 しており油断できない。昼夜の寒暖の差が激しく体調管理 が難しい。なんとか風邪もひかずにやってはいるが・・・  先日、「シリーズ人体・特別版・神秘の巨大ネットワーク ▽四集 腸が免疫の鍵」を視聴する機会を得た。 最近の知見も多く興味が湧いたのでレビューしてみる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芝、落葉と初雪の競演

 札幌での遅い初雪。  札幌管区気象台より11/20に初雪観測との知らせあり。 平年より23日遅く、昨年より28日遅い観測とのこと。 札幌では統計開始以来、1890年と並んで最も遅い初雪という。 遅いほどありがたいのだが、異常気候との関連が気になる。  今朝の庭を見るとボタン雪がパラつく中、うっすらと芝と 落葉に積も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅枝垂れモミジの紅葉が見事

 立冬過ぎてもまだ初雪がない。 朝目覚めると、窓越しにハッとするような紅葉がとびこんできた。 昨年よりずっと鮮やかな色合いだ。 また、山もみじの落ち葉が絨毯のように敷き詰められていた。  この風情にふさわしい禅語を調べてみた。  楓葉經霜紅(楓葉(ふうよう)は霜を経てくれないなり) 霜月の名句とされているよう。寒暖の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年のゴルフ

今年は、腰痛持続のためゴルフをやる機会は 激減した。一時はテークバックもできず、もうゴルフは 無理かなあと失意の底にあった。  整形外科医は手術すべきとの意見であったが、 腰痛体操で克服できた人もいるし、もう手術はこりごり なので体操の励行と徒歩での距離を延ばす努力を つづけていた。そのかいあってか幸い痛みは かな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エルムの里公園の秋の風情

 病院からの帰り道、健康のためiいつも歩いて 通る「エルムの里公園」の秋の風情を楽しんだ。 雨後の木々の幹の黒さが秋の風景にメリハリを つけていた。またニシキギの紅葉の色合いが それぞれに変化しており見応えがあった。 スマホで撮って編集してみた。  ただ目立つ交通標識に「自転車は降りて通行」との 指示があるにもかかわら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビア展

  最近、イメージは分かっているが、 その名前が出てこないことが時々ある。  先日、サルビア展を観賞した。 この花は、園芸店で見るポピュラーな花だが、 名前がスッと出ないことがある。そのため 名前を脳裏に焼き付けるべく説明版の内容 と種々の品種名を出来るだけまめに写真に 付けることにした。  説明版によると、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋思秋愁を癒す花々

 地震、大型台風が続き気分は鬱。 強風で多数の大木が根こそぎ倒れ、 収穫まじかのリンゴが散乱、稲穂も 台無しになった等の報道が続いている。 ため息がでる。自然の摂理とはいえ 気がふさぎマイナス思考になってしまう。  五木寛之語りおろし全集で氏は、 毎日「死のレッスン」をしているそう。 毎夜、寝てからもう覚めることはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋分の日の庭の風情

 今日は秋分の日。9/6の地震から2週間は 過ぎた。札幌東区も一部をのぞき元の 活気がもどってきた。ただ余震が数回あり 物流の回復はまだ不十分。激しい揺れだった せいか不眠と持病の腰痛が悪化した。  庭仕事もできず、安静にせざるをえなかった。 やっと回復の兆しがあり庭の状況を見る余裕ができた。  幸い庭の植物たちは暴風…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

胆振東部地震と札幌市東区の一部被害状況

 台風21号の暴風で電信柱が倒れるなどの被害に 驚いたのも束の間、9月6日午前3時ころ、突然に 物凄い揺れで叩き起こされた。  床には、置物などが散乱し電気もつかず、やむなく急場のライトと ラジオにより安平町あたりでM6.7の地震が発生したことが判明。 余震も続いたので、とても寝ておれず起きて散乱した家具、装飾品 など…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私の趣味-囲碁の現況

 台風21号の動向が気になる。 今までにない危険な台風との予報が目白押し。 今夕からの暴風がどの程度になるのか・・・  気にしても自然の猛威に太刀打ちできるはずも ないが、風で倒れたり飛びそうな鉢物などを 一応安全と思える場所に移動しておいた。  話しは変わるが、「井山裕太七冠再制覇特別紙上認定」 の高段コース(五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カノコユリ系の花々

 少し前になるが、自転車で百合が原を散策中、 見事に群落をなしてまとまって咲いているユリが 目に入った。  庭に咲いている花弁がピンクの鹿の子模様の 斑点があるカノコユリと比べ色の相違がはっきり していた。  お盆で霊園に良く見かけるだいだい色の オニユリとも違い形はみな似ているものの カノコユリ系も色が豊富なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨に映える庭のアジサイ

 お盆休みは、雨の中。それでも庭のアジサイは、 元気がいい。やはり雨が好きなのだと納得する。 ふさぎ込む気持ちを癒してくれる好みの花だ。  雨の中、ピンボケもあるけどご容赦を。 月に斑雲 紫陽花に雨【初回盤A】Peace&Smile music 2010-0…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛夏の禅問答

  札幌も真夏日が連日続き湿度も高く北国の夏とは思えない 日々です。ただ西日本の皆さんのことを考えれば、これしき のことと我慢せざるをえません。  暑い中、禅語では、夏雲多奇峰や心頭滅却などが浮かびますが、 災害に見舞われている人々には、 「逆風張帆-逆境も成長への糧」そして「莫妄想-将来の不安や 妄想を断ち切る」の禅語…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ユリとラベンダーの共演

 このところ続く天変地異、地球温暖化現象を 肌で感じ、やりきれない気持ちで沈んでます。  それでも札幌は、本州と比べればまだ過ごしやすく 贅沢は言えないですね。このところの雨続きで、 水が好きな紫陽花は、心なしか花色も良く見えます。  また例年より早く百合が原のユリも咲きはじめ ラベンダーとの共演も見応えがあります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイヨウブナの生垣とボーダー花壇

 百合が原公園の好みの場所の一つに ビーチヘッジのボーダー花壇がある。  ビーチはセイヨウブナ、ヘッジは生垣の意味。 ボーダー花壇は帯状に細長い花壇で、此処には、 多くの大型宿根草が植栽されており毎年、楽しみ にしている。  今、アスティルベ’エリカ’や’ドイツランド’、 サルヴィア ネモロサ’カラドンナ’などが見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログ開設7周年の思い

 日本列島が、FIFAワールドカップ ロシア大会 決勝トーナメント1回戦ベルギーとの対戦に 湧き上がっていたが結果は惜敗であった・・・(+_+;) 台風接近し大雨、洪水警報がでている中でも メデアの力も借りて燃え上がるエネルギーには 驚嘆する。やはり夢中になることは素晴らしい。 嫌なことも吹っ飛んでしまうということだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フクシア コレクション

 百合が原緑のセンター中温室で展示されている フクシア コレクションを観賞してきた。  フクシアはアカバナ科の低木で札幌の冷涼な気候は、 育てるのに向いているとのこと。華やかな花姿から 英名は、Lady’s eardrops 貴婦人のイヤリングと和訳 されている。花が下向きにつくものが多いので、ハンギングや 壁掛けなどに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天候不順な6月の庭

 このところ6月中旬にしては、気温が あがらず長袖が必要で畑作物の成長 には心配だが、庭の花々は、例年どうり 目を楽しませてくれている。 クレマチス ミツバツツジの種類? バイカウツギ シャクヤク ヤマボウシ アヤメ コデマリ TOPmountain クレマチス花の種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の百合が原

 札幌も夏日となり、かなり暑い。風に吹かれようと 百合が原公園まで自転車で風を切って出かけてみた。  ユリは、まだこれからだが、藤の花、ライラック、ツツジ、 遅咲きのマグノリア、もう花が終わりのハンカチノキ、 フジに似たキングサリなど、結構見応えがあり楽しめた。 目にとまったものを撮っておいたのでご高覧ください。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月末の庭

 寒暖の差がまだ厳しい中、もう5月末に なっている。八重桜も散り、リラの花がさく 季節になった。  庭を一巡してみて目に付く木や花木、 草花などを撮って記録に残しておいた。 シャクナゲ ヤマブキ ツツジ ハナズオウ ライラック クロマツ サクラソウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春爛漫の小樽手宮公園

 ゴールデンウィークは天候不順が 続いていたが、運よく雨にあたらず 小樽旅行中、桜満開の手宮公園を 満喫することができた。   一部をデジブックに編集したので (OSはインターネットエクスプローラーで) ご高覧いただければ幸いです。 小樽市重要眺望地点 小樽散歩案内有限会社…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春風が心地よい道庁前庭

 参禅会の帰りにいつものルートでお好みの道庁前庭を 散策。都会の中の癒しの場として気にいっている。 桜咲き新緑の鮮やかな春の庭を慣れないスマホ付きカメラで 撮ってみた。編集してアップしたのでご高覧ください。 桜と新緑と池 マグノリアの白も春を感じれる 白老ポロト湖畔にアイヌ民族と共生の国立博物館建設のカウントダ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の庭で目立つ草花

 4月にしては、めずらしく暖かい日が続き 枯れ葉を取り除く暇もなく種々の芽だしが早い。 連翹とエゾ紫ツツジがほころびはじめた。 出勤前の庭を一巡りしてめだった草花を逆光も 気にせず撮っておいた。枯れ葉をバックの写真 ですが、ご勘弁を。 プリムラⅠ サクラソウ属の多年草で毎年早春に、手入れせず咲いてくれる有り難い花 以…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨に濡れた早春の庭の草花

 やっと庭の雪も完全に解け、さあ庭仕事と意欲は あるも、雨が一日じゅう続き傘をさして庭の状態を 観察。きれいにする元気もなくありのままの草花の 状態を撮ってみた。北国の早春の一風情。 クロッカスも落ち葉を掻き分け健気に蕾を膨らましている 硬い落ち葉を貫き通すスイセンのたくましさ 雨にぬれた葉がちじこまり元気がない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

俯きがちにひっそりと咲く花姿

 先週、まだ雪が残る百合が原公園に出かけてみた。 シナマンサクは開花している頃だろうと思ったが、 まだ雪に囲まれており、こいで行く元気はなかった。  新装した緑のセンターの大温室に入ってみると ツバキやアザレアなどの花が目立っていたが、 うつむき加減にひっそりと咲くクリスマスローズ の花が気になった。写真を撮りにくい下向…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生命科学の分野の革命的新技術

 遺伝情報を従来より簡単に操作できる 技術が急速に進歩してきた。ゲノム編集と 呼ばれあらゆる分野で活用されており 生命倫理の新たな課題になっている。  今まで細菌や放射線、化学物質などを 利用した遺伝子工学によりインスリンの 量産や遺伝子組み換え作物などが作られ 生活に益する利用がされてきた。 ただ改変したいゲノム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禅のことば 「道無窮」

 先日、参禅会の帰りに「禅の友」3月号を受け取った。 その中で禅のことばの項に長徳寺住職の酒井大岳先生 が「道無窮」(みちはきわまりなし)を取り上げておられた。 出典・正法眼蔵随問記  「求め求めて終わりのない道なのだから きわめようなどと大それた考えを持ってはならない」 これでよし、ということのないのが仏道なのだから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴風雪の教訓と自戒

  3月になって暴風雪が続いた。2月も終わりもうたいした 豪雪はないだろうと甘くみて車にスコップを入れ忘れていた。 ところが短時間に30cmをこえる積雪・猛吹雪で吹き溜まり ができ駐車場から車を出そうとして立ち往生!!!  スノーヘルパーのみでは脱出できず帰宅途中の職員から スコップを借り、かなり苦労してやっと道路に脱出で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more