アジサイの季節

 7月になり真夏日も増えてきた。 山アジサイ(藍姫)の色合いが、 日に日に深みを増してきたので カシワバアジサイ・ハーモニー とともに色合いがどの程度、実際 に近くでるか挑戦してみた。  ご高覧いただければ幸いです。 山アジサイ(藍姫) カシワバアジサイ・ハーモニー
コメント:2

続きを読むread more

ヤマボウシとハナミズキの見分け方

 夏至は過ぎたが、まだ寒暖の差は強い。 今朝は、肌寒いくらい。コロナ騒動は、 長期戦になっている。カラオケ店や 夜の町でのクラスターが声高に報道 されている。行動変容、3密、social distance などしらける言葉が、乱立。 経済との二律背反が悩み。その梶取り には、国々での相違が目立つ。  我慢、我慢とつぶ…
コメント:0

続きを読むread more

ハマナス、クレマチスとは

 6月中旬、もうすぐ夏至。 草木の成長は著しい。  イワミツバの繁茂と格闘し その生命力のたぐい稀な強さに、 驚きと畏敬の念を感じている。  一方、物忘れは強くなり花の 名前、由来など「忘却の彼方」 になってきた。  今、目立つ庭の花をとりあげ、 どんな花だったか記憶を呼び戻す 練習をした。幸い数年前に調…
コメント:2

続きを読むread more

さとらんど散策-コロナ禍の部分開園にあわせて

 週末に部分開園となったので、 コロナ禍の憂さ晴らしに散策してみた。 ほとんど人陰はなく家では味わえない 大気の新鮮さを感じることができた。  先代萩とアジュガが目につくほど 繁茂していた。  札幌の誇れる魅力的なテーマパーク。 開園が遅れてしまったが、設立の目標に 向かって有効活用して都市と農業の つながりを…
コメント:4

続きを読むread more

晩春を彩る花々

 仕事柄、ゴルフにも行けず運動不足のため 体重もかなり増えてきた。非常事態宣言が解除 されても、しばらくは自由が利かない。なんとか 情緒不安定にならないよう植物に癒しを求めている。 八重桜も散り、地面は飛花落花でピンク色を呈している。 リラの花の甘い香りが、そよ風に誘われて感じられる 季節が訪れたのだが・・・・・   …
コメント:2

続きを読むread more

桜吹雪の後、花びらの絨毯が出現

 満開の桜の花びらは風とともに舞い散り 地面は、敷き詰めた絨毯の如くになった。  今は、サクランボが満開だ。好みのミツバツツジ、 ユキヤナギ、シラネアオイなどに加え新緑がまばゆい 春爛漫の庭となっている。  コロナ問題で外出にブレーキがかかる中、 庭仕事に気分転換をはかっている。  コロナなど我関せずの元気な植…
コメント:2

続きを読むread more

ものの芽はじける庭の空き隅

 ソメイヨシノは満開になり花吹雪が舞い 紅梅は一足遅れて満開となった。そんな華やかな景色の中、 落ち葉を突き抜けて咲く花々に逆に目が留まる。あまり 目立たないが、落ち葉の絨毯ををかき分けて生きる植物に 力を感じる。コロナに負けずこうありたいと思う・・・ 硬いプラタナスの枯葉を突き抜けて咲いたヒヤシンスに乾杯! シ…
コメント:2

続きを読むread more

寒いなか桜の蕾も膨らんできた

 札幌の新型コロナ感染拡大も とまらない・・・低気圧にも覆われ 小雪もちらついている。  そんな中でも北国の春は近づいてきた。 少しでも気分転換をしようと庭の植物の 息づきを観察した。  パンデミックの中でも植物は関係なく 素知らぬように息づいている・・・          ソメイヨシノの蕾も膨らんできた …
コメント:2

続きを読むread more

最近の私の囲碁日記

 新型コロナのパンデミックが宣言されてから 世界中が、コロナ一色の感がある。日本でも 感染が拡大し非常事態宣言もでて、感染爆発 の危険が差し迫っている。私にやれることは、 仕事以外では自宅に閉じこもること!! それしか出来ない非力を感じている・・・ 幸い趣味の囲碁があり退屈することはない。  休日は、家に閉じこもり庭仕…
コメント:0

続きを読むread more

落葉の絨毯から早春の息吹

 COVID19のパンデミックから 日本のの特措法による非常事態宣言も まじかのよう。医療危機もすでに生じている。  そんな中、三寒四温が続きながらも庭の残雪は すべて消え、落葉を敷き詰めた絨毯が現れた。 それを押しのけ顔を出した健気な草花を撮ってみた。  またサクランボの剪定枝を花瓶に入れて様子 をみていたが、一…
コメント:2

続きを読むread more

早春を直に触れようと戸外へ

 コロナ問題で家にこもりがちだが、 春分の日に早春をじかに感じようと 百合が原公園まで散策した。    西口の門から入るとシナマンサク開花の 標識が目にとまった。  以前に見た時より開花が進んでいるよう。枯れ葉が残った状態でも 雪解野に映えて清々しかった。 以前のブログ https://ksneuron.a…
コメント:4

続きを読むread more

希望の芽が膨らむように

 毎日、新型コロナウイルス感染症拡大と経済への波及 の報道が続いている。すでにパンデミックとなり全世界 がパニックの様相を呈してきた。  俳人の友達は春愁の季語を使い 「春愁や収まり止まぬCOVID」と愁いている。  三寒四温という如く、寒い日が行きつ戻りつしている 今日この頃、春愁を晴らすべく「希望の芽」に託す …
コメント:5

続きを読むread more

泰然自若・従容無為

 新型コロナウイルスの感染者増加でパンデミックや それに伴う世界恐慌の恐れなど、報道が過熱している。 北海道では非常事態宣言も出て人々の暮らしにも多大な 影響がでている。  このような状況で起きる、まとめ買い、品薄、ネットでの 臨場値上げ、行列、盗難、ケンカなどのニュースも相次いで 報道されている。諸悪莫作!!  …
コメント:4

続きを読むread more

ドカ雪で去年の事故を思い出す!!

 新型コロナウイルスが猛威をふるっている。 多くのイベントの中止がやむなしとなった。 この1-2wが正念場と言われているが、蔓延の ピークをずらすことが出来るのだろうか・・・ 日本経済の行く末も心配になってきた(+_+;)  こんな状況にダブルパンチを与えたドカ雪! 雪かきが少なく楽な冬と喜んでいたのに。 昨年より一か…
コメント:0

続きを読むread more

スノーオブジェコンテスト2020

 毎年雪祭りに、近くのツド-ム会場 の高校生の雪像を見に行くことにしている。 今回は、新型コロナウイルスの感染拡大 が報道されており観客は、少なかったが、 晴れた土曜日だったのでゆっくり観賞できた。 https://www.snowfes.com/place/tsudome/  ただ高校生のやさしい心意気を感じる こと…
コメント:0

続きを読むread more

洞山麻三斤

 新型コロナウイルスの報道がさかん。 札幌では、雪祭が始まりタイミングが悪い。 夏にオリンピックも控えており早い終息を 期待したいのだが・・・   禅語𠮷語辞典には、のっていないが、 禅問答では、有名なものとして 「麻三斤、まさんぎん」がある。 「いかなるか是れ仏」との問いに多くの禅匠が それぞれの思いで弟子に違…
コメント:0

続きを読むread more

バードテーブルの小鳥たち-その後

 大寒の季節。今朝は久しぶりの大雪に 見舞われたが、それでも昨年よりはかなり少ない。 ただ寒さは同じくらいのよう。かんじきを掃かずに 小鳥餌台まで行くことができ今年は昨年より楽だ。  幸いカラスはバードテーブルにとまらない。 鳩は時々来る。でも勝手なもので、小鳥が来ると やはりうれしいものだ。  また窓越しに撮って…
コメント:0

続きを読むread more

身心脱落って何なのか

 鶴見の大本山總持寺においては、今時が 「冬安吾」と呼ばれる100日間の集中修行期間が 修了を迎える時期という。無事に修了した修行僧 にとっては、きっと厳しい寒さに負けずやり遂げた 思いで満たされているのだろう。  宋の時代、天童山景徳寺で大勢の僧と共に 道元禅師が座禅中、一人の僧が居眠りを してしまい、取り仕切ってい…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。  今日から仕事始めでカレンダーの架け替えなどを しながら今年の目標について考えてみた。  おみくじでは、珍しく「大吉」をあてた。 「快活に陽気に進取的に生きることが神様御先祖様の 思し召しである。やまい なおる 信神第一」とあった。 確かに日々の…
コメント:4

続きを読むread more

今年を振り返って

 今年も、もう残すところわずか。 来年にプラス思考で望むため この1年間を振り返ってみた。  1)まず反省点から愚考してみる  三毒と言われる「貪瞋痴」の不瞋恚戒が 守られず結構、怒ってしまった。  ゴルフは、目標を達成することが出来ず。 そのことは前のブログにのせておいたが、 身体機能の低下に加えて練習不足…
コメント:0

続きを読むread more

伏古公園の四季-昼休みの憩いの場

 職場からほど近い伏古公園 札幌市東区伏古1条2丁目の地区公園です。 昼休み散歩がてら時々通っていた。過去数年間、 きれぎれにスマホやデジカメで撮っておいた 写真を時系列に並べて公園の四季をデジブックで 表現してみました。  ご高覧いただければ幸いです。 尚、ブラウザは、Internet Exlorerでみてください。…
コメント:2

続きを読むread more

NHKスペシャル「ドラマ・パラレル東京」を見て

 NHKスペシャル「体感・首都直下地震ウイーク」、 架空の首都「パラレル東京」でM7.3の首都直下地震 が発生した様子が放映された。  30年以内に70%の確率で発生するとされる 首都直下地震。内閣府公表の被害想定に基づき 視覚効果を駆使したフィクション。人口密度と 超高層ビル、そして間に木造建築のスペースが 密集し消…
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフの楽しさを更に追求

  年末も近づき趣味のゴルフについて この1年を振り返ってみたい。 コースには計23回まわることができた。 幸い昨年のように腰痛に悩まされず 我慢できる範囲なので安堵した。  反省点;  平均スコアは104で安定した90台達成はならず。 腰の問題もあり前傾姿勢保持が安定せず…
コメント:2

続きを読むread more

鶴岡八幡宮参拝

 娘に会うため横須賀へ行く途中、 近くの鎌倉に寄る時間がとれた。 幸い秋晴れが続き楽しく有意義な 旅行となった。  3時間ほど余裕があり、 鎌倉観光のシンボルとされる 鶴岡八幡宮をゆっくり参拝した。  南は相模湾の由比ガ浜まで続く 若宮大路の二の鳥居から段葛を経て 三の鳥居そして舞殿から本宮まで 観光できた…
コメント:2

続きを読むread more

伏古公園とパームロードを散策

 心地よい秋晴れの日、昼休みに、近くの 公園を散策。ニシキギ、イチョウ、ナナカマド、 カツラ、カエデなどの紅葉、黄葉を堪能できた。 伏古公園ゲートに新しいプレートが追加されて いた。強風時、園内立ち入り禁止とあった。 最近の台風で強風が続いており、安全のためには やむを得ないことと納得できた。台風の影響が 少ないことを祈っ…
コメント:0

続きを読むread more

ダルマさんの遺徳

   秋彼岸会の折に手にした「禅の友」10月号の 特集に禅宗寺院の行事として10月5日命日と される菩提達磨(ダルマさん)の遺徳を偲ぶ 「達磨忌」が営まれ報恩供養が行われると 記されていた。  ダルマさんの愛称で親しまれている達磨大師 は、5~6世紀の人とされインドから中国に禅を 伝えた禅宗の初祖と敬われている。 …
コメント:2

続きを読むread more

庭のバラ

 日暮れが早くなり仕事から戻ると 周りはすでに暗く庭めぐりもできない。 それで出勤前に庭を観察する。秋バラ が目立っていたので撮ってみた。  バラにはトゲがあり世話が大変 だろう?と勝手に考えておりごく わずかしか植えていない。それでも 花は周囲を明るくする。  ほとんど手入れなしだが、 やけに目立つ。私に拗ね…
コメント:2

続きを読むread more

百合が原でダリアを満喫

 秋分が過ぎ、当地では肌寒さも感じる季節となった。 地球温暖化に対し、手をこまねいている大人に対して 国連でスエーデンの16歳女性環境保護活動家の迫力ある 演説が心に響いた。  繰り返す想定外の台風惨禍やブラジル熱帯雨林の 火災による消失など地球規模の危機が迫りつつある。 そんな思いを払拭できない日々が続いている。 …
コメント:2

続きを読むread more

ストレプトカルプス・魅力ある花

 イワタバコ科では室内観賞用のセントポーリアが 見慣れた品種だが、同じ科のストレプトカルプスが、 ツル植物の展示会の時、中温室の片隅にあでやかに 咲いていた。私には、目新しい花なので撮って ネットで調べてみた。市場では、ストレプトカーパス として売られている。ロゼット型と茎がたつタイプ があり葉がロゼット状になるものでは多く…
コメント:0

続きを読むread more

初秋の庭の花々

 9月になり、まだ残暑は続いているが、 庭の様子を見ると秋の気配が感じられる。 日が落ちるのも早くなってきた。 アカネトンボも時々見かけすすきも風に そよぎはじめている。目についた庭の 花々を撮ってみた。 ハギの花 ムクゲの蕾が開花寸前 八重咲きムクゲ 八重咲きムクゲ2 スピードリオン スピ…
コメント:2

続きを読むread more

つる植物展

 雨が続く日々だが、気分転換に 百合が原公園緑のセンターのつる植物展 を見てきた。展示最後の日で傷んだ植物も あったが、それなりに興味が持てた。  その幾つかを撮りアップしてみました。 キョウチクトウ科マンデビラ’アリス デライト’ ウリ科ユウガオ属センナリヒョウタン マメ科シカクマメ …
コメント:0

続きを読むread more

台風の季節-体調不良

 台風10号も爪痕を残して過ぎた。 しかしフェーン現象のせいで猛暑が 本土を襲っている。札幌でも熱帯夜を 経験し体調維持がかなり難しい。  ブログを続ける気力もいまひとつだ。 システムリニューアル後に慣れてなく めんどうに感じているのも大きい。 月3回アップをノルマにしているのだが・・・  とにかく目にとまった花…
コメント:4

続きを読むread more

禅語・没蹤跡(もっしょうせき)

 中国の宋時代に編集された従容録の中に 禅の修行で段階的に悟りを深めていく関門として 掃蕩門、建立門、没蹤跡が記されている。 https://www.sets.ne.jp/~zenhomepage/shouyou1.2.html  掃蕩門は、意識に表れた一切の分別、差別相を否定し、 その拠って立つ場を一掃し自己の本性を覚知…
コメント:0

続きを読むread more

ファーム富田経由でトムラウシ温泉行

 先日の3連休を利用しファーム富田を 経由し狩勝峠を超えてトムラウシ温泉に 宿泊。秘湯とお酒と囲碁三昧を楽しんだ。  ファーム富田は、旬の季節で 物凄い混みようであった。 それでも素晴らしい景色を堪能できた。  秘境ともいえるトムラウシ温泉も 爽やかな空気とαピネン一杯の自然を 満喫できた。  ネット囲碁の友達との交流…
コメント:7

続きを読むread more

庭のアジサイ

庭のアジサイの画像を使って新しいシステムになじむべく努力しています。それにしても慣れていたシステムから移るのは、しんどい!! カシワバアジサイ・ハーモニー 山アジサイ・藍姫 セイヨウアジサイ
コメント:4

続きを読むread more

ブログ開設8周年

6月末にウェブリブログ事務局から 祝ブログ開設8周年!のメールが届いた。 アクセス数は40101件とのこと。  大幅に「リニューアル」されたブログで 非常に使いにくく多数のかたが改悪と訴えて いる。困ったものだ。NECに肩いれしてきたもの としても残念である。徐々に改善してくれるもの と信じておきたい。  そん…
コメント:2

続きを読むread more

稀有なアスリート

 このところ大リーグで大谷翔平選手の活躍が 素晴らしい!!最近、サイクルヒットを達成した と話題沸騰。確かに凄い選手が現れたものだ。  彼は、菊池雄星選手に憧れて花巻東高校の 硬式野球部に入部したという。 花巻は、私の先祖の墓もあり時々訪れていた。 その時、友人にこの高校を案内してもらった ことがある。予想以上に立派な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨と強風後の庭と禅語

 久しぶりに雨と強風が二日続いた。 落葉やゴミが散乱しているが、庭の 植物は雨の恩恵と強風の被害とに それなりにつきあっているよう。 ワールドニュースによればフランスでは 雷雨とピンポン玉以上の大粒の雹で車の 窓ガラスが割れたり葡萄畑や農業の被害 が甚大なよう。  南アメリカでは、アルゼンチン、パラグアイ、 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

本因坊戦第3局観戦

 6/2、小樽の小旅行を終え札幌に 帰るころからノドの痛みが生じ身体が 火照ってきた。倦怠感あるも私の 運転で札樽バイパスを走った。  最近の高齢者の運転問題がメデアで ひっきりなしに報道あり。流石に慎重運転 に徹して無事に帰宅できた。  その後5日間は、体調悪くブログはやる気なし。 やっと少し明かりが見えてきた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サクラソウ美術館

 新緑をめで次々と咲く花々を追いかけて いると、もう初夏の装いだ。北国の春は あっという間に過ぎてしまう。もっとゆっくり 楽しませてもらいたいのだが・・・  プリムラ(サクラソウ科)は、越冬し毎年 手をかけなくても春の庭を彩ってくれる。 「怠け者」にとって有り難い花だ。  そんなプリムラをサクラソウ美術館 の名で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴをついばむ野鳥たち

 ゴールデンウイークも終わりとなったが、 幸い天気にめぐまれ満開の桜の下で バーベキューパーテーを楽しむことができ、 小鳥のさえずりの伴奏にも癒された。感謝!感謝!  窓を通して観察してきたバードテーブルを以前に アップしているので、その続きとしてご覧ください。 https://ksneuron.at.webry.inf…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

令和元年-庭の桜満開・紅梅5分咲き

 令和元年、初日。雨あがりの庭に ソメイヨシノが満開となり紅梅も5分咲き。 やっと5年越しに花芽をつけたハクモクレン も咲き始めた。  列島が平成から令和移行に 沸き返っている中で、タイミングよく花々が 祝ってくれているようでうれしかった。  令和が平和で災害がない時代となる ようこころから願っている。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の桜は一分咲き

   また雪のちらつく寒さが やってきた。どうやら最後の 冷え込みのよう。そう願いたい  庭のソメイヨシノは、家屋に 近い部分が暖かいのかその 近くからほころび始めた。  庭をめぐるとかなりの寒さだが、 長く咲いてくれなかったハクモクレン の花芽がやっとついてふくらみ はじめている。開花が楽しみだ。  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっと春のいぶき

 三寒四温が続いていたが、やっと 暖かくなり、庭の雪もほぼ消失に近い‼  ベランダの片付けや鉢物の移動を開始。 合間に枯れ葉から顔をだしてきた植物 を撮ってみた。  早朝に撮ることができずまばゆい春光の中 でのもので自然な色がうまくでず不本意ですが、 北国の春の息吹を感じていただければ幸いです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の花展

 昨日も雪が降り寒く北国の春は、一進一退。 気がめいりがちな時に百合が原緑のセンターで 春の花展をはじめたとのニュースがあった。 早速見学に行ってきた。  庭でみかけない花々があったので記憶に残しておく。 といっても直ぐに忘却の彼方へ飛んでいくのだが (^^ゞ     ピレネーフウロ’ビルウォーリス’ (フウロソウ科フウ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最近の囲碁界

 また冬に逆戻り。一面の銀世界に なってしまった。本州では桜開花情報 が報道されているのに・・・ でも例年より早い雪解けが予想されて いるので我慢、我慢。  外は白一色で寒かったので趣味の囲碁で 最近、特に印象に残ったものをreview してみた。  まずAIの影響でダイレクト三々や、大ゲイマシマリ 、二間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大鉢作りのシンビジウム

 雪解けもかなり進み北国の春も、 もうすぐそこまで来ている。  前回、百合が原緑のセンター中温室のアザレア展の 華やかさに目をとられがちであった。しかし片隅に 大株のシンビジウムが2鉢、所狭しと咲いており 「私を見落とさないで!」と主張しているよう。  シンビジウム・トラシアナムとシンビジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーデンベルギアの花

 かなり道路の雪解けが進みアスファルトが 顔をだしてきた。この調子でいけば、3月中に 雪が消えるかもしれないとあまい期待を 抱いている。ただ庭の雪は、まだかなりあり どうなることか・・・?期待半分だが、北国の 春が待ちどおしい。  百合が原公園緑のセンターでアザレア展が 開かれている。白のモノトーンに慣れた目に、 鮮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

禅語・言中有響

 今冬の雪は、例年より早く消える 可能性ありとの天気予報。異常気候の 中だが、期待したい。北国の春を心待ちに!  ところで友人が、俳句の句作に励んでおり 少しは、その何たるかを知ろうと思いNHKの 俳句 題「土筆」を視聴してみた。俳句の 表現の奥に潜む作家の思い、イメージがどう 出ているかが重要と話されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more