趣味のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS アザレア-西洋還りのツツジ

<<   作成日時 : 2017/02/23 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

冬季間に部屋で目を楽しませてくれるアザレア。
日本や中国のツツジが西洋で交配、品種改良を受け
日本に逆輸入されたツツジ全般を指す英語名。
(Belgian Azarea hybrids)

耐寒性が弱く札幌では庭で越冬は難しい。
花が大輪で八重咲きが多い。西洋人好みと
肯ける。西洋ツツジとも言われたよう。

 私の好みとは言えないが、色が乏しい冬季には
園芸店を賑わせている貴重な花。多種のアザレア
を展示している百合が原緑のセンターで観察して
きた。アザレアの新品種の半数以上は「枝変わり」
から誕生したとのこと。サツキの魅力もそうだが、
突然変異は植物でも多品種で認められ興味深い。
その一部を撮ってきたので紹介する。

画像
                                  紅葉衣

画像
                                  ホワイトムーン

画像
                                  初桜

画像
                                  インガー

画像
                                  ステラ・マリス

画像
                                  ドクター・バーグマン

画像
                                  つくしの春

画像
                                  優香

画像
                                  展示場

画像





ツツジ、アザレア (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)
日本放送出版協会
国重 正昭

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツツジ、アザレア (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「春隣りグリーンドームのアザレア展」
「春泥やアザレアを抱く修道女」

春隣(冬) 春泥(春) もうすぐ春ですね・・・。
T&T
2017/02/27 09:20
T&Tさん、俳句つきのコメントありがとう!
また雪かきをせざるをえませんでしたが、
確かに春の足音が近ずいてきてますね!!

ところで春隣や春泥など冬、春の季語として使われるのですね。
でも待ちにまった北国の春をイメージするのに、いまひとつ
なのですが・・・
「春隣りグリーンドームのアザレア展」春隣りを春近し
ではダメでしょうか?春隣は春近しより時間的にもうすぐ
という気持ちが強く出ると説明はあるのですが・・・
季語を知らないものにとっては直ぐにピンときません・・・
「春泥やアザレアを抱く修道女」臨場感を持ち合わせて
いないのでコメントが難しい・・・…(-_-;)
俳句を知らない者の感想でしたm(..)m。

熊菩薩
2017/02/28 00:00
春隣と春近しは同義の季語です。寒さの緩み、日の光など春の気配を感じる感性のはたらく季語を好みで使えば良いと思います。
「春泥やアザレアを抱く修道女」は元句「春泥やアザレアの鉢抱くをんな」が意味深?なので替えたので取って付けた感じになりました・・・。キニシナイデクダサイ。
T&T
2017/02/28 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
アザレア-西洋還りのツツジ 趣味のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる