趣味のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK囲碁対局での驚きの瞬間

<<   作成日時 : 2016/06/16 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 毎週日曜日にあるNHK囲碁対局は、
プロ棋士の解説もあり楽しく観戦している。

 5月末の対局は、●志田達哉七段と
○趙知勲二十五世本因坊で解説は、
小林光一名誉棋聖と新進気鋭の若手棋士
と囲碁界を湧かせた両ベテラン棋士の参加で
大変興味深かった。

 中盤も過ぎ黒番の志田達哉七段有利との
解説であったが、黒石3目をアタリにされた時
当然の一手として黒石をツイで助けその後、
相手がかけつがねばならず先手をとれる大事な
場面であった。しかしながらツグのを忘れ大ポカを
やってしまった。さぞ無念だったと思うが投げずに
対局を続けた。さすがに10目以上の大損であった
ので結局力つき中押し負けとなってしまった。


 勝利者としての知勲先生の終局後の感想も
印象的であった。悪いことをしてしまったのでは・・・
と感じたよう。それでも相手が投了しないので
かなり負けていたのかと危ぶんだと話していた。

 プロでもこんなポカがあるのだなあと驚いた!!
早碁で読み進めていくうちに当然ツギを打ったと
錯覚してしまったのだろう。優秀な若手棋士
だけにありえないと思い驚いた瞬間であった。


 手を読み進め注意の集中がほかにある時、
アタリに当然ついだと思い視野狭窄と錯覚が
起るのだろうか・・・


 この対局の解説者の小林名誉棋聖は、
驚きながらもこのようなことは対局中に起こりうる
と嘆いていた。きっと似たような経験があるのだろう。

 最近、私も生活の中でおもわぬポカが
かなり増えてきており注意が必要だ!!
囲碁番組の中で貴重な教訓となる対局であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK囲碁対局での驚きの瞬間 趣味のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる